自転車盗難で仕事のモチベーションアップ

主人が早くかえってくると、5歳の息子は大喜びです。
いつも、母親と2人で遊んでいるので、遊びのパターンがわかるようで、、、
私も手を変え、品を替え、頑張っているのですが、やはり、人に勝る事はできず、とにかく、主人と遊ぶと、機嫌が良いのです。
「お父さん、コレ見ようよ、今日はこんな事があったよ」などなど、とにかく本を片手に、幼稚園の出来事を一からお話し、息子の口が止まりません。
ただ、私も主人に子守りをしてもらうと、家事が早く済み、いつも夜中にかけるアイロンも9時ごろには終了し、久しぶりにゆっくりくつろぐ事が出来ました。
 私のひと段落を見計らって、「今から漫画喫茶に行って来てもいい?どうしても読みたい本があり、明日の仕事のモチベーションになる」という説明です。
早く帰ってきて、息子の面倒を見たのは、全て漫画喫茶に行くためだったのです。
最初は「えー」とは思いましたが、まぁそこまでしても行きたいなら、どうぞ、と。
何度も息子に「こんな夜にどこ行くの?」と質問されながらも、「仕事に忘れ物」と嘘をついて出かけて行きました。
確かに、早く家事が済んだ事も助かったので、今日は早く子供と就寝。
夜中0時頃帰宅した主人に起こされて「自転車盗まれた」と。
主人から一言「やっぱり、夜中一人だけ遊びにいくから、こんな事になった、明日から、駅まで歩いて、仕事がんばるわ」と、今日の行動を反省したようです。
違った意味で、仕事のモチベーションが上がったらしく、徒歩20分の距離を今日も歩いて頑張っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *