メダカの産卵

6月にホームセンターで買った6匹のメダカ。
その中に上手い具合に雄雌いたらしく、毎日のように大量の卵を水草に産み付けていた。
うちの水槽は、カブトムシの飼育ケースを再利用しているので、ブクブクの機械を取り付けてない。
そのせいか、週一の水替えではダメだったらしく、一か月後には別水槽の卵と稚魚を残して成魚は全滅。

その卵と稚魚も、小さいカブトムシ飼育ケースで飼ってたけど、1cmにならずに次々にご臨終。。。
何十匹もいた稚魚は、7匹に。

その7匹は、水草や麦飯石と言われる水質保持の敷石も全部取り除き、
3日に一回水替えするようにした所、一匹も欠けることなくすくすくと成長してくれた。
いま一番大きい稚魚が1.5cm弱。
一番小さい稚魚が1cm弱。
大人になったメダカが、2~2.5cm位なので、あと一息というところまで育ってくれた。

以前次々にメダカが死んでいったのは、ブクブク酸素の機械を入れていないのに
水替えを週一しかしていなかったからと推測。
ブクブクない場合は3日に一回の水替え!と悟り、実行したら死ななくなったので、
様子見で水草を入れてみた。

水草入れてから一週間後。
水草に産み付けられている卵を発見?!
え?
まだ成魚より全然小さい稚魚だと思っていた、二世代目のメダカが産卵してた。
しかも、また上手い具合に雄雌いたらしく、有精卵だったようで、
3日もすると透明の卵に小さな黒い点々が二つ。
卵の中に目が確認できるようになった。

メダカって、完全に成長しきれてなくても産卵できるんだね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *